2017年01月14日

マリー・アントワネット展 §233

アントワネット.jpg


九鬼トシユキです。

六本木ヒルズで行われている
「マリー・アントワネット展」に行ってきました。

ヴェルサイユ宮殿の監修によるもので、
フランス国外での開催は日本が初という大規模な展覧会です。
展示物は約200点もあり、
時間を忘れて見入ってしまいました。

初めて知ったのが、
アントワネットは日本の「蒔絵」などを集めていたということです。
それらの日本コレクションは、
アントワネットの母マリア・テレジアから譲られ、
アントワネット自身も集めています。

アントワネットと日本の工芸品との関係が気になり、
図書館で少し調べてみると…

蒔絵などの漆工芸品は、
日本を代表する品として海外で認識されていたようです。
そして、
その収集家の第一人者がマリー・アントワネットであったと。

遠い異国の王妃に愛され、
日本コレクションとして収集されていたことを知ると、
日本人として嬉しく思いますね!


今日もありがとうございます!

☆フォーチュン九鬼☆




「栃木の城+α」
管理人:九鬼トシユキ
http://tochigi-burg.com/

にほんブログ村 歴史ブログ
posted by 九鬼トシユキ at 02:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445754113
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック