2016年12月06日

地名で残る「百間堀」(百間堀) §231

百間堀.jpg



栃木県鹿沼市藤江町にある「百間堀」

鹿沼市(旧鹿沼市)の城館を調べる際、
『鹿沼の城と館』は必須アイテムで、
その必須アイテムの中に出てくる史跡です。

「百間堀」という地名が残り、
その地名から城館の可能性が指摘されています。

1間は182センチですから、
182メートルの堀という地名になり、
城好きからするとなんとも魅力的な地名です。

大きな?あるいは広い?
何かしらがあったのかもしれませんが、
地名の由来は不明ながら、
どんな史跡なのかも全くの不明。

現在では田園風景が広がり、
その中にぽつんとあるというだけで、
遺構はありません。

一面が田園風景の似たような場所ですから、
その「百間堀」の地名の場所に辿り着いたとはいえ、
『鹿沼の城と館』に載っている地籍図と実際の田畑を交互に見比べ、
田畑を数えながら最終確認しました。

と、
残ってない城跡を最終的に特定するのは、
城跡を楽しむというよりは、
なぞなぞの答えを考えるみたいな楽しみがあり、
良い頭の体操になります(笑)

今日もありがとうございます!

☆フォーチュン九鬼☆

「栃木の城+α」
管理人:九鬼トシユキ
http://tochigi-burg.com/

百間堀(栃木の城+α)

にほんブログ村 歴史ブログ
posted by 九鬼トシユキ at 18:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 栃木の城 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月07日

井伊さんの領地(堀米陣屋) §192

九鬼トシユキです。


佐野市の堀米には、
「堀米城」という城があります。

南北朝の頃、
新田義重に従った堀米氏の居城です。


堀米には、
江戸時代になると彦根藩の陣屋が置かれます。

現在の陣屋跡地は、
住宅街で何もありません。

私自身、
つい数年前に知ったことですが…

江戸時代の各藩は、
藩の居城となる城の周辺だけが所領ではない。

あっちにもこっちにもと、
色々な所に飛び地があり、
そういう飛び地の所領も全て含めて、
合計で○万石となっています。


そして、
飛び地と言っても所領なので、
各藩は陣屋を設けて、
その飛び地を支配していました。


ちなみに彦根藩は、
1633年に下野国安蘇郡に所領を得ています。

飛び地管理は、
藩から代官が派遣されての管理でしたので、
まさに驚きの支配体制ですね!


今日もありがとうございます!

☆フォーチュン九鬼☆


「栃木の城+α」
管理人:九鬼トシユキ
http://tochigi-burg.com/

堀米陣屋

にほんブログ村 歴史ブログ
posted by 九鬼トシユキ at 14:15 | Comment(1) | TrackBack(0) | 栃木の城 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月06日

不思議な感覚(久下田城) §185

2015022414220000.jpg


九鬼トシユキです。


栃木県の戦国時代を見ると、
水谷正村という名前が出てきます。

水谷正村でピンと来ない方は、
「蟠竜斎」
という名前を聞くと、
もしかしたら分かるかもしれません。

猛将です!

結城氏家臣の身でありながら、
栃木県にガンガン攻めてきています。

その蟠竜斎が築いた「久下田城」が、
茨城県筑西市にあります。


久下田城を散策してる際、
不思議な感覚に襲われました。

城の中心部に戻る際、
深い堀を隔てて中心部を見ると…
ほんの目の前なのに、
なぜか遠く感じる…

隔てる堀が、
良い具合に脱力感を与えます。
当時の兵はこんな感覚に襲われたのだろうか…

と、そんなことを思ってしまったほど、
腹一杯になる城です。
(笑)


余談ながら、
私は久下田城を、
遺構なしとなぜか勘違いをし、
お叱りを受けたことが…


昔の自分は一体何を見ていたのだろうかと…
お恥ずかしい限りです。

ご指摘ありがとうございました!


今日もありがとうございます。

☆フォーチュン九鬼☆


「栃木の城+α」
管理人:九鬼トシユキ
http://tochigi-burg.com/

久下田城

にほんブログ村 歴史ブログ
posted by 九鬼トシユキ at 17:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 栃木の城 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする